はじめまして、益子竜弥です

本人写真

はじめまして、益子竜弥です。

僕は以前は重度のアトピーでした。

 

重度のアトピーを治すため、いろいろなことを試し、なんとか良くなることができました。

それが右の現在の写真です。

 

『アトピーは皮膚の下痢』アトピー克服医師によるアトピーのセルフコントロール法で詳しくご紹介していますが、特に効果的だった方法は、(自然の摂理に従った)食生活、入浴法、そして漢方薬でした。

 

僕は医者ですが、自分が重度のアトピーになるまで、恥ずかしいことに漢方薬は何も知りませんでした。

西洋医学では良い方法がなかったため、自分自身で漢方薬を勉強し、それこそ自分の体で試してみることによって、結果として漢方薬について学ぶことができました。

 

現在は、整形外科領域だけでなく、ペインクリニック(痛みを専門にする外来)領域でも漢方薬を用いた診療をしています。

そして、漢方薬の効果に日々驚いています。

 

「素晴らしい漢方薬をもっとみんなに知ってもらいたい。」

そう思ってこのサイトを作りました。

 

そしてもう一つ、とっておきのことを発信します。

これはかなり画期的な方法です。

漢方の歴史上、初めてのことだと思います。

 

それは「皆さん自身が、今のみなさんの体調を改善する漢方薬を、みなさん自身で見つけることができる方法」が存在するということです。

 

それが、自分で観て治す方法、『直漢法』です。

 

 

『自分で観て治す方法(直漢法)』

『病気にならない方法』とは、前述のように、「かなり病気にならない方法」です。

 

ですが、実際はやはり病気になってしまうことがあります。

また、病気というほどではなくても、病気の一歩手前の状態(東洋医学では「未病」といいます)になってしまうこともあります。

 

その際、『長寿と超健康の秘訣』を知っていれば、早めに病気あるいは未病から回復することができると思います。

 

ですが、もっと早く良くなる方法がないのでしょうか?

 

実はあります。

それは東洋医学を用いることです。

 

ですが、ここで重大な問題があります。

 

まず1つ目に、病院に行って漢方薬に詳しい専門医に診てもらうか、漢方薬局で相談をしなければ、漢方薬が手に入らない、ということです。

 

2つ目は、そもそも漢方薬について詳しい人が少ない、ということです。

 

ですから、体調管理をしようと思っても、なかなかできない、ということが現状です。

 

この問題点を解決する方法はないのでしょうか?

 

それが、直漢法』です。

『直漢法』は「皆さん自身が、今の皆さんの体調を改善する漢方薬を、みなさん自身で見つけることができる方法」なので、漢方に詳しい人が近くにいなくても、みなさん自身でその時の状態に合わせた漢方薬を選択することができるようになります。

 

そして、選択した漢方薬は現在は法改正が進んだため、インターネットで購入することができます。もちろん、漢方薬局でも手に入れることができます。

 

2つの小冊子

このサイトは、2つの目的があり、作製しました。

 

1つ目は、東洋医学の叡智である漢方薬について、基本的なことから応用的なことまで、みなさんに幅広く知ってもらうこと

2つ目は、直漢法』を公開することです

 

そのため、2つの小冊子を作成しました。

1つ目は、漢方についての小冊子である「漢方薬の使い方」

2つ目は、『直漢法』の小冊子です。

 

ともに無償で配布しているので、ご興味がある方は、ぜひダウンロードしてください。

 

『7つの叡智』の発信を開始!

『7つの叡智』とは、「超健康と長寿の秘訣」をまとめたものです。

詳しくは、このホームページ内の『7つの叡智』の部分をご参照ください。

 

実は、この『7つの叡智』の詳細は、ブログで発信しておりました。

 しかし、内容がかなり多く、また検索にかなり時間がかかる、というお話しを多く聞くようになりました。

 

そこで、『7つの叡智』の内容を、『7つの叡智:復習編』としてブログに再び掲載することにいたしました。

また、同じ内容を、Facebook pageでも発信することにいたしました。

 

ブログへのリンクは、ブログ:『7つの叡智~超健康と長寿の秘訣~』

Facebook pageへのリングは、Facebook page『7つの叡智~超健康と長寿の秘訣~』

 

となっています。

 

是非、ご覧ください!


2019年4月にクリニックを開業しました

2019年4月1日より、札幌市北区麻生にて整形外科のクリニックを開院しました。

 

整形外科のクリニックですので、

  • ①捻挫・骨折・頸椎捻挫などのケガ・外傷
  • ②肩こり・腰痛・膝関節痛などの慢性的な痛み

に対して治療を行うのはもちろんですが、そのほかに、

  • ③線維筋痛症や複合性局所疼痛症候群などの難治性疼痛

に対しても積極的に治療を行っています。

「両極」の治療

現在、日本で普遍的に通常行われている”推奨”されている治療のほかにも、痛みに対して有効な治療法があります。

 これらは、一見、相反している「真逆」の治療法のように思えます。

 具体的には、

西洋医学と、東洋医学

「身体」に対する治療と、「心」に対する治療

”従来型”の標準的な治療と、”最先端”の治療

です。

 

これらは一見、「真逆」に見えますので、「両極」の治療と命名しました。

最新の治療

クリニックでは、『生物心理社会的モデル』に基づいた治療として

  • バイオフィードバック
  • 漢方薬による治療を一歩進めた治療法である、『直漢法®』
  • 認知行動療法をアレンジした治療法である、『自主的認知行動療法』

による治療を行っており、最新の治療であると考えています。


クリニックでの講演会

「病院とは、病気を予防する場所でもある」という理念のもと、「健康」のほか、「骨粗鬆症」や「痛み」に対する講演会を定期的に開催しています。

 

講演会は、通常、第3土曜日の午後2時より定期的に開催しております。

詳細についてきましては、リンク先をご確認ください。

 

なお、講演会のメインテーマは、以下の3つです。

①痛みの治療法:痛みの解説と、各種の治療法についてご紹介します。

②骨粗鬆症の理想的な治療法:骨粗鬆症の薬だけではなく、薬以外の治療法についてもご紹介します。

③『7つの叡智』:もちろん、『7つの叡智』や直漢法も講演会でご紹介します!


学術集会での講演

2019年4月19日に札幌市で開催される「第62回日本手外科学会学術集会」のクラークセミナで講演をする栄誉を賜りました。

 

タイトルは、

『CRPSに対する生物心理社会モデルによる治療』

です。

 

整形外科の中でも最も難治といわれているCRPS(複合性局所疼痛症候群)は、『生物学的モデル』による治療では難治ですが、『生物心理社会モデル』に基づいた心理的アプローチや社会的アプローチが有効なことがあります。

講演会ではこのような趣旨のことを講演しました。

 

なお、漢方薬は、『生物心理社会モデル』のうち、生物学的アプローチと心理的アプローチに該当します。

『生物心理社会モデル』詳細については関連ホームページをご覧ください。